社長/CEOからのメッセージ

サイトへのご訪問ありがとうございます。皆様に GRUPPO MAGAZZINO ITALIAをご紹介できることを大変嬉しく思います。

このところ多忙を極めておりますが、大変充実した時間を過ごしています。 GRUPPO MAGAZZINO ITALIAが、私たちの持つトップアクティビティの知識、革新的なサービス、企業支援、このイニシアチブが結成された意義を通して、多くの方々が新しいビジネスチャンスを掴むことができるよう願っています。

数年前、わたしはイタリアの最初の独立体系、つまり民間資本を築きあげるため、中東諸国において農産加工物サプライチェーン国際化を図る“Italian Food Hub-イタリアンフードハブを考えるに至りました。

Magazzino(倉庫)という言葉は、アラビア語の ﻣﺨﺰﻥ‎, Makhzan、ものを保管する場所“デポジット”に由来し、アラビア語の語根 “kh-z-n”は、守る、保存すると言う意味です。そしてイタリア!そのすばらしくもユニークな生物多様性。同じ生態系の中に共存する、異なる種の動植物が、完璧な調和をなしています。

 

ユネスコが人類の無形文化財として指定した、“地中海式ダイエット”に通じるイタリアの食文化を守り、保存し、普及することが、常にわたしの“なすべきこと”を作り上げてきました。

 

イタリア全土に分布する、その土地でしかとれない食材が持つ価値は、次のような点において非常に信頼できるものだと思っています。

  • 近道というものがなく、トレーサビリティーとプロダクト一つ一つの生産地が保証される。
  • 生産に関わった農場を支援可能であり、継続して海外に提供できるということを証明することが義務付けられている。

そしてなにより、私にとって最も貴重なことは、最終消費者を守るため、一定の品質が保たれることが保証されているということなのです!

グローバルな消費者の高まるニーズに対応するため、中東と国際貿易との革新的なパートナーシップモデルについて考えました。

イタリアの農業従事者のサイン入りのプロダクトのみを、業界でトップクラスのプラットフォームを通じて販売し、経済的・文化的に急成長する中東で、特に食品の安全をアピールするのです。

 

GRUPPO MAGAZZINO ITALIAは地域と生物多様性へのリスペクトに基づき、農業に関連するすべての事業と、伝統的な活動の発展と保全を目的としています。

GRUPPO MAGAZZINO ITALIAは、私と一緒に”道”を切り開いてきた素晴らしいパートナーたち、そしてお客様と協力者の存在なしには実現なかった”冒険”だと言えます。彼らは当初からGRUPPO MAGAZZINO ITALIAの使命に共感し、評価してくれました。

しかしながら、毎日土を耕し、農作物を育てた人々の絶大なる貢献がなければこの事業をスタートすることは全くもって無理だったでしょう。

GRUPPO MAGAZZINO ITALIAは、そのプロダクトを湾岸諸国のような素晴らしい国のテーブルに届けられることを誇りに思っています。

最後となりますが、食品産業に従事している方、今なんらかの理由で私たちにコンタクトを取りたいと思っている方、一緒に仕事をしたいと思っている方にお勧めします。一歩踏み出してください。

GRUPPO MAGAZZINO ITALIAと、The Italian Food Hub イタリアンフード ハブの、すでに結果を出している多くの部署のリーダーが、それを上回る結果をだせるよう願っています。

これからもご支援のほどよろしくお願いいたします。

 

GRUPPO MAGAZZINO ITALIA社長 兼CEO カルロ・アカンポラCarlo Acampora)