ショッピング プラットフォーム

GRUPPO MAGAZZINO ITALIAは、MAGAZZINO ITALIA (Italia)の設立を通じて戦略的経営体制を形成し、ショッッピング プラットフォームを作りました。

創立メンバー:

GRUPPO MAGAZZINO ITALIA(旧イタリア民間開発会社) は、アラブ首長国連邦や中東において新たなジビネスチャンスをパ ートナーシップで開発したり、既存のものを実施するために、イタリア 及び海外の企業に貢献しています。研究、アイデア、プロジェクト の有効利用、自社のネットワークを通じて、アドバイザーとして最高 のビジネスソリューションを導き出し、海外市場におけるスタートアッ プを支援します。

カルロ・アカンポラ(Carlo ACAMPORA)GRUPPO MAGAZZINO ITALIAの社長 兼 CEOです。MAGAZZINO ITALIA (イタリア)の理事会メンバーであり、同時に最高責任者。 MAGAZZINO ITALIA (ドバイ)の共同会長兼CEO、 MAGAZZINO ITALIA、THE ITALIAN FOOD HUB、国際化モ デル、いわゆる“オープンソース”の「創始者」

EATALYは、高品質の農産物食品専門の販売・ショッピングセン ターのネットワークです。会社のキーワードは、持続性、責任、そして 共有です。多くの人に、高い品質で適正価格の提供するとともに 、イタリアの食材とワインの生産方法、生産者、そしてその背景を 伝えてることを目的としています。ショップには、レストラン、ベーカリ ー、スイーツショップ、マーケット、教育スペースが含まれます。プロジ ェクトの“発案者”かつ創始者であるオスカー・ファリネッティ(Oscar FARINETTI)は、2007年1月にトリノで最初の店舗をオープンし ました。広さ11,000平方メートルのベルモット・カルパノ工場跡に ある店。当初よりSlow Foodが戦略コンサルティングをしています 。Eatalyは現在イタリアにある18軒をはじめ、アメリカ、日本など 世界中に多くの店舗を持っています。オスカー・ファリネッティは、 MAGAZZINO ITALIA(イタリア)理事会の名誉会長です。彼 の息子フランチェスコ・ファリネッティ(Francesco FARINETTI)は、 EatalyのCEOで、MAGAZZINO ITALIA (イタリア)の取締役会の メンバーです。

COOPは、イタリア全土に1400店舗のスーパーマーケット、ハイパ ーマーケットを持つイタリア最大の食料小売業者です。これは、1 世紀以上の歴史を持つ9大企業(Coop Adriatica との創立 パートナーの一つCoop Alleanza 3.0を含む)が運営する共同シ ステムです。Coopは独自のブランドプロダクトを広く展開し供給し ています。Coop Alleanza 3.0 のマネージャーであり、ボローニャの F.I.CO. Eataly World のCEOでもあるティツィアーナ・プリモーリ (Tiziana PRIMORI)は、MAGAZZINO ITALIA (イタリア)のノン・ エグゼクティブチェアマンです。

4番目の創立パートナーは、インペリウム・インターナショナル
(Imperium International )とS.E. ジャマル・アル・ハイ(S.E. Jamal AL HAI
によって創立されたMagazzino Italia (ドバイ)です。ジャマル・アル・ハイ(Jamal AL
HAI)は、ドバイ空港の国際ジム・ビジネスコミュニケーション担当副社長、ドバイ
空港のシニアエグゼクティブバイスプレジデント、エグゼクジェット・ミドル・イ
ースト(ExecuJet Middle East)、グローバル・ジェット(Global Jet)、アルファ・ツアー(Alpha Tours)、アル・ハイ・モーターズ(Al Hai Motors)の社長も務めています。ジャマル・アル・ハイ(Jamal AL HAI)はまた、アラブ首長国連邦評議会のメンバーです。
MAGAZZINO ITALIA(イタリア)の取締役会の4番目のメンバーはS.E.モハメッド・アル・シェヒ(S.E. Mohammed AL SHEHHI)です。

数多くの戦略会社において重要な役職を担っていますが、主要なもの は、MAGAZZINO ITALIA(ドバイ)、インペリウム・ インターナショナル(Imperium International)の社長、 GRUPPO MAGAZZINO ITALIA との関連会社Magazzino Halalの副社長です。

 

MAGAZZINO ITALIA(イタリア)の戦略的機関である取締役 会の優先課題は、もちろん会社の価値を高め、ステークホルダーの 利益を守ることですが、何よりも、プロジェクトが個性的でダイナミッ ク、そして透明度が高いといった、会社の可視性を高めることです 。